中学3年生の肩の痛み。

数か月前から痛みがあったそうで

来院時には、腕を上げるだけでも痛みになった。

色々な所に通うも改善には時間が掛るとの事で来院。

 確かに、酷い、、、、。

1回目は、上げての痛みが無くなるように施術を行う。

少し違和感が残るが、大丈夫になったが、投球練習は禁止。

全体のバランスも悪いのでこの調整方法も伝授する。

半月後

2回目の来院では、既にキャッチボール開始出来るレベルに。

しかし、途中で痛みが出たり、出なかったりと、完全ではない状態。

リリースのトップの位置で痛みが、肩に出る。

この、流れを確認すると、小学校時代から痛めた肘にも原因が。

はっきり言って、肘は真っすぐ伸びない、、(残念)。

伸びないという事は? どこかが引っ張っている事になる。

少し遠回りかもしれないが、肘の可動範囲を広げる施術を入れる。

自分の手が、肩に付けれない、、前の治療院で中途半端な施術で

終わったのも、その後のメンテもしなかった事も悔やまれる。

こぶし1つ位の広がりが、指3本まで狭まる。

この状態で、再度、リリース時の肩の痛みを確認すると

『10』の痛みが⇒『3』に減った。

この状態で少し様子を観る事にしました。

最後の大会まで1カ月半。

何時までにどれ位のレベルに戻せるか。

しかし、その後の高校進学でも、県内の強豪校を希望しているので

継続的な施術は必要だと感じました。