中学2年生 袋井市在住
野球部所属のUくんが数年振りに来院です。

症状は、『肩の痛み』です。

試合中に、痛みを感じて交代したそうです。

投球動作の時に、ボールを放つ前に
肩の付け根に痛みが走ります。

動作確認
実際に投球動作をして貰い、痛みが出るか?
シャドー投球にて確認すると、やはり出ます。
次に、少し指に負荷を掛けて投げる瞬間の
イメージで、、。 こちらの方が、強く出ます。

施術
全身施術を行いますと、身体全体に余裕がありません。
特に関連個所、粘るので下半身から腰部も念入りに
確認をしていきます。  勿論、肩周辺から手先まで、、。

術後の動作確認
投球動作にて、シャドーでは半減以下の痛みは軽減。
そこで、背中から腕の異常個所を再確認すると
あるポイントで強い反応が出て来ました。
やはり、こちらのポイントにも影響が出ていたようです。
本人も自覚出来る関連個所でした。
動作の修正と、異常反応の除去を行い、再確認をすると
殆んど痛みの無い状態になりました!

指導
身体のケア方法が間違っているのでは?
部活動では時間が限られ整理体操が殆んど行われません。
常日頃の疲労を取り除くようにアドバイスを。
具体的な、ケア方法を指導して終了です。

もう一つ!
痛みの前に、違和感~軽い痛みが出ていたそうです。
勿論、この時点で投球を中止するべきです。
身体のバランスがずれて、負荷が掛り、最終的に痛みに
なってしまったので、『違和感』で中止して対策を取るべき
でした。 重症化する選手はこの判断を誤る事が多いです。
自分の身体の異常は、自分でしか解りません。
中止する勇気を持ってください!

『違和感』で、ご来店頂ければ、殆んど1回で終了し
ベストなパフォーマンスを出せると思います。

そんなスポーツ選手のケアも行っています。