四十歳台女性患者さん。 2ヶ月前から、腕が上がらなくて苦しんでいるので友人の紹介で
来院する。 仕事で重量物を提げることが多い為に痛めたと考えられる。また、この時の姿勢は荷物を身体に乗せて運べないので、腕の力を主に使い物を持っている状況の様です。

 ①主な痛みは、右手をお尻のポケットの財布を取り出す時に痛みが出る
 ②仰向けで寝ると、右肩の付け根、前側の痛みが出て寝れない 
 この二つの痛みを取り除くことより始める。特に最近は、寝ると痛みが出るので睡眠不足になり体調も優れない日が続いている。 その為か、身体全体の緊張も激しく、筋肉の柔軟性が感じられない。また、身体のハリが有るのも本人の感覚では分からない状態となってしまっているので、ゆっくり緊張を緩めながら施術をしていく。

 ココで、会話の中できっかけが判明した。 2ヶ月前に、温泉のマッサージを受けて素人同然のような方の強い刺激を受けた翌日から動きが悪くなったと話してくれた。当時は、気持ちよい刺激、痛くてもほぐれれば良いと思っていたようです。
 当院の施術を受けて、『必ず、痛かったら我慢をしないで!伝えてください。』と注意をしながら施術するので不思議に感じていたようですが、術後、可動域の確認をして頂くと変化を実感できたので驚いていました。 『強い刺激は、身体が抵抗して筋肉がしっかり緩んでくれません』と伝え、安心して力を抜いて施術を受ければ緩んで来るのが実感して貰いました。
 重症な、四十肩なので1回では完全に取りきれないので次回までの自己療法や注意点を伝えて終わりました。目標は、背中で両手を組めることです。

 がんばって施術していきましょう!

?