今春、全国大会出場の中学生投手。

昨日の、投球練習時に左脇腹を痛めて来院。

通常の生活には全く支障がない状態だが

投球練習では痛みになる。また、タオルでの

シャドーピッチングでは大丈夫だが、ボールを

使うと痛みになる状態でした。

 全体の歪みが大きく発生している。

バランスを整えて、再度、投球状態で確認。

室内ですが、実際のボールを投げてもらう。

※秘密兵器が当院にはあります

少し減るも、違和感から少しの痛みがある状態。

次に、投球動作での痛みを取り除く手法を行う。

この場合は、必ず、動作を起こすことでの痛みなので

その動作を行う中で、痛みを取り除くようにしています。

再度確認でOKを頂く。 バランスが崩れているのも

原因の一つ。また、投球フォームのチェックも必要でしょう。

 3月の全国大会には、万全な状態で臨んで欲しいですね。

頑張れ、野球小僧!

スポーツ障害も対応しています。

『ボディケア浅羽療術院』