40歳代女性 美容師。

朝起きてから、背中が痛い。

前・後屈や捻る動きで痛みが、背中から首に掛けて走る。

職業柄、原因は他にあると思ったので、最初にあるポイントを

止めて、再度動いてもらうと痛みが半減した。

こちらの予測通り、原因は他にあることが証明されたので

全体の調整をしながら、ポイント個所を念入りに確認し

弛める事を行う。 また、背中から首に掛けての痛みの出る

個所も、直接触れて痛みがあるか確認するも出ない。

本人は、確かにそこが痛んだと言うが、押さえての痛みは無い。

益々、原因は他にあることを、患者さんに告げるもなかなか理解

して頂けない。 この考えが理解出来なければ、再発防止策と

してアドバイスすることを継続してくれないと思い、細かく説明する。

 全体の施術を終えて再度、最初の動きで痛みになるか確認を

してもらうが、痛みは出なかった。 今回は、痛みの出る個所を

全く触らず、その痛みを取り除くことが出来た。

ようやく、本人も原因は『○○』なんだね。 と理解して頂いた。

痛みの結果だけにとらわれると、なかなか改善しないことが

多くあります。  痛みには必ず何か原因があります。

当院では、電気やシップで誤魔化す治療はしていません。