10日前からの野球肘痛での来院。

整形外科での診断にて、暫く練習中止との事。

特に、リハビリ他、治療はしていません。

 動作確認

投球動作、腕立て伏せと、肘に負荷を掛けての痛みの

確認作業を行いましたが、強い痛みは出ません。

患部への直接の確認でも大きな痛みにはなっていない。

関連個所、数か所に組織異常反応が出る。

 施術

全身施術にて弛める事に。

肘にストレスが掛る原因個所を取り除く事に専念し

負荷を減らす事に。 身体全体のハリを取り除く事で

可動範囲が広がり、肘周辺にも余裕が生まれるからです。

 術後

再度、動作確認をして、痛みの出ない事を確認。

 指導

再発防止策として

1.投げ方 (癖がある為、正しい型を)

2.ケアの仕方 (全く自宅では行っていない)

3.補助の方法 (念の為に)

を指導しました。 大会も近いですが、痛みを感じのプレーは

控えるようにお願いしました。

早期に、回復して活躍出来るように!