高校2年生の女子バレーボール選手が、手首の痛みで来院する。ポジションはセッターの為、トスをあげる時に、手首を捻る動作が多いようです。

前腕~手の疲労もあり、ほぐしても内側に捻る動作で痛み。最後に、○○痛と判断して、特別な手法で行うと痛みは完全に無くなりました。

しかし、油断は禁物です。同じ動作を繰り返すことで今回の痛みが発生しましたので根本的にトスを上げる動作の中で無理が有ると判断出来ます。しっかり動作を分析して再発防止に努めましょう!

自然形体では、このような細かな痛みにも対応しています。