小学6年 野球選手 県大会常連の強豪チームの投手が、急な膝裏の痛みで走ることが困難になり、病院へ行き治療してもらう。 膝の軽い捻挫と診断される。

軽いランニングはOKだが、全力疾走へと力を入れると痛み出す。 
身体の歪みがあり、検査でも左右のバランスの悪さが読み取れたので、親御さんに確認して頂き、本人にも確認してもらう。 太もものハリもあるので、全体を緩めてから患部近くへと施術に入る。 最近は、水泳練習もあり急に身体を使いバランスを崩したのも原因として有るように感じた。
 
術後、外で走る。 軽いランニングなら、痛みは出ない。 徐々にスピードを上げると痛みが出る。 外で施術を行い、再度、ダッシュ! 痛みは半分残る。 再度施術して、確認するが、まだ少し残る。 走る姿勢、足の運びが、少しぶれていたのを感じたので、そこを考え修正すると、全く痛みが出ない! 再度、修正して、ダッシュして貰うが、痛みは出ないのでこれで終了とした。 考えられる原因を説明して、再発防止の、ストレッチを指導して終わる。

 今週末から始まる、県大会へ向けてよい状態で望めますね。 決勝戦まで進出したらTV中継がありますから応援しますね。 がんばれ! 野球少年。