60歳代男性。 ご夫婦で来院。

肩こり、腰痛を問診で聞き出し、その他は無しで。

ジーンズから、着替えをお願いした時に、ヒザに

サポータをしているではありませんか?

『ヒザは、どうされました?』

『長年の痛みで、諦めてます』 『正座は出来ません』

数年前からの痛みで、病院にも行っていないようです。

『まあ、年だから、、、』 う~ん、どこかの病院で言われたか?

まだ、60歳代、どうして諦めるのかな? 

今回の腰痛も、このヒザが痛く 歩行動作が悪く腰に

影響が来た可能性があります。 

 当院では、どんな症状でも全身治療から入ります。

勿論、今回の左ヒザの周辺も確認しました。

屈伸も出来ない位ですので、ヒザ周辺の筋肉はカチカチ。

ゆっくり、弛め可動範囲を広めていきます。

術後の確認では、『怖い』 長年曲げて無かったので

正座の動作が怖いようです。 それでも、正しい形で

正座すると、拳骨1つ位までお尻がカカトに近づきます。

数回は掛りそうですが、正座する事も可能でしょう。

諦めて、使わなくなる、曲げ無くなると、身体は退化してしまいます。

動く範囲で動かし、治療することをお薦めします。

様々な症状で、皆さん違いますので、一度 施術を受けられては

如何でしょうか? 諦めるのはまだ早い方がたくさんいます。

奥様も喜んでお帰りになりました。

次回もお待ちしてます。