最近は、『ちょっと待って!!』シリーズを読んでます。

2012_0408_200210-P4080389

小冊子ですが、様々な情報が得られます。

最終的には何を伝えたいのか と言うと

クスリが病気を治してくれる と考えている現代人

この考えは、常識を思われていますが

『この常識が常に正しいとは限らない』と伝えています。

ほとんどの薬剤は、根本療法薬ではなく、症状を緩和する

目的で使用する対処療法薬です。 このクスリの副作用をもっと

しって欲しい事も伝えてくれています。

当院でも、頭痛になる前に、クスリを飲む。

痛くないのに、病院で飲みなさいを言われたので、痛み止めを

飲む等、現代人はクスリ漬けのように感じます。

処方箋には、必ず副作用が記載されていますが、医者向けの

クスリの副作用の案内はもっと凄い事が書いてあるようです。

知らない事で、自分の身体を益々傷つけることは避けたいですね。

最近は、インフルエンザの予防接種を推奨する傾向になりますね。

私の子供のころは必ず学校で予防接種を受けましたが、いつの間にか

今では強制では無くなりましたね。 なぜ? 一時期副作用の問題が

多発したことが原因だったような、、。 今年も、インフルエンザには

掛りませんでした。 勿論、予防接種はしていません。

自己免疫力を上げる事を常に心がけていれば、感染しても症状は軽く

回復は早いでしょう。 タミフル・リベンザ? を処方されなくても大丈夫な

身体を作りましょうね。