お正月に、親戚の集まる場所では治療会となることがある。

そんな中で、慢性の肩こりになっている義姉。

息子に揉んで貰っているようです。 先に、息子(甥)の治療を

済ませると、『不思議だ』の連呼。 若く洞察力があるから

新手法で治療しているのがバレテいる。(笑い)

まあ、まあと誤魔化し、義姉の治療に。

本格的な治療は、場所の関係上厳しいが、そこそこ対応は可能です。

それにしても、酷いコリ状態です。『強い刺激を受けていない?』の

問いに、息子に頻繁にもんで貰っているようです。 これが原因です。

揉んでいるのに、『なぜ?』 強すぎる刺激で、筋肉が損傷し修復する

ことの繰り返しで、どんどん硬くなっているようです。

昔、来院した時に伝えた記憶があるような、、、。

勿論、もみ返しもあるようです。(プロでもあるのに)

少しでも身体の負担を減らすことで、良い状態が継続します。

強く揉むことは、当院ではしません。 だって、緩まないから。

当院では、ソフトで、フワフワっとした感じで脳に安心感を与え

身体が良い状態になるように導きます。

勿論、もみ返しは、ありません。 筋肉を傷つけていませんので。

しかし、血流が良くなるために、疲れたような身体が重だるくなる

ことが、まれにある程度です。(個人差あり)

また、肩こりの発生源を探ることで、根本的な対処方法も提案しています。

身体に負担が掛る手法と是非比較してみてください。