リハビリにて治療している男性の左腕の可動範囲改善。

毎回、全身調整後に 左腕の可動範囲を確認して微調整を

しています。 今回も、前方に挙げる動作での改善調整を。

肩ラインまでは、旨く上がるようになっていますがそこからが

引っかかる部分があります。 どこ? 細かく聞きながら

突っ張る個所を取り除き、可動範囲を改善させていきます。

今回は、『どうも手のひらが下に引きつけられる』のヒントから

ファイテンのEウォータ(マッサージクリーム)を使用して

手のひらを弛めましたら⇒効果あり! 

するするっと、手が上がりました。 おでこまで。

また一つ発見です。

自宅でのリハビリに、eウォータを購入して頂きました。

次回が楽しみです。