大学野球に、高校時代の恩師が監督を努めています。

公式戦が開催された磐田市の球場にご挨拶に伺いましたが

試合中に故障者が二名出たので、施術の依頼を受けました。

①肉離れ

ハムストの肉離れの症状です。 既にアイシング状態で待っていましたが

まずは、関連個所より弛めます。 直接触る前に、関連個所から。

また、崩れた個所は、形を整える為にテーピングを行います。

これで、『立った時に重心が前に行ってます』との反応でした。

やはり、バランスが崩れる事で、肉離れの症状を発症しやすいので

注意が必要です。

②肘痛

こちらもアイシング状態でした。 患部を触ると激しい痛みに成ります。

オーバースローの投手ですが、最近の投げ込み(200球)の影響か?

肘が下がっているとの指摘も受けるそうです。 ここがポイントです。

なぜ? 肘が下がるのか? 下がるから無理して上げる=故障へ。

このような流れになります。 肘が下がる原因個所も弛める事に。

短時間でしたので、完全ではありませんが、動きでは40%位の改善

でした。 完璧ではありません。 (反省)

突然の施術でしたが、良い体験をさせて頂きました。

しかし、身体のケアが出来ていません。 プロでは無いので

無理もありませんが、身体全体を弛める事に努めて欲しいです。