中学3年生 男子剣道部員。

症状は、座ると腰に痛みが出るとのこと。

通常の運動等では気にならない。立っていても大丈夫。

しかし、勉強する時や、足を投げ出した姿勢で痛みになる。

当院では、様々な症状を訴えられても、必ず全体調整から

入ります。 全体の緊張具合を確認し、残った症状に対して

再度調整を行うようにしています。 通常、病院等では痛い

個所のみにアプローチを掛けることが多いと思いますが

意外とこの方法の方が回復が早いのです。

皆様の固定観念を崩すのも楽しいです。

今回の症状では、半減するも、長座の時に痛みが残ります。

何処が原因か? 姿勢や動きを確認しながら調べていくと

足のある部分に大きな改善ポイントがありました。 色々な

会話の中から、『足裏の傷で上手く踏み込めない』との会話を

聞き出し、このポイントを探り当てました。 ただ、痛いだけでは

分からないことです。過去の様々な様子も聞き出すことで何か

原因の追及に役立つ事もあるのです。

『痛みの原因は、日常生活が大半を締めてます』

大きなポイントなのです。

これで、大会に臨めそうですね。 頑張れ! スポーツ選手諸君!