22日、23日と全国の先生が集まり技術講習会が浜松で行われました。 毎度、技術確認、新技の披露症例質問等々、みっちり行われた2日間でした。

オスグットでの、症例では、症状によりますが、初回で正座が出来るまでの流れを再確認し今後に繋がりました。

特に、他の先生の手技の柔らかさに自分のからだの疲れも癒して頂いた2日間でした。

昔、カイロでの講習会会場では、練習台になり動けなくなる先生もいましたが、現在の療法では全くそんな事はなくみんな元気になって帰っていく! これは、常識ですよね。

からだを、治す療法だからこそ、やさしい刺激でからだに負担を掛けないことが必要と実感しました。