12月に入り、腰痛患者さんが多数来院して来ています。

昨日は、日曜日でしたが、急患で一人対応しました。

慢性的な、腰のハリがあり、立っていても痛みになるとのこと。

定期的な水泳(1000m泳ぐ)をしているようで、この日も

泳いでから来ることに。 悪化しないか? 心配でしたが

意外と大丈夫でした。 そこから、身体を調べ反応を確認していきます。

特に、下半身のハリもあり、バランス、姿勢、仕事の動作の確認をしました。

思い当たる所もたくさんあったようで、1つ1つ改善するように指導も入れました。

今日は、大幅に改善、痛みは無くなりましたが、また、同じ生活習慣に戻れば

原因が無くなったわけではありませんので、再発する恐れがありますので注意が必要です。

『少し痛いな、変だな?』等、身体に異常を感じたら早めに対応する事をお薦めします。

年末の忙しい時期ですので、痛みで、家事、仕事に影響出ない様に身体のメンテナンスは

常に心がけてくださいね。

その他

苦戦している腰痛患者さん 2名。

20歳代女性のケース

接客業の女性は、1日 8時間以上立ち仕事。

休憩は、1時間ありますが、それ以外は全く座れません。

不調個所に、7つも記入する位の状態で来店しました。

当院では、様々な生活スタイルもお聞きしています。

特に、今回の問題点は、入浴習慣が全く無いことでした。

シャワーを長時間掛けているそうですが、身体の深部までは

とても温まりません。 術後も、違和感が残っています。

特別なテーピングを足裏にして、様子を見て貰うことにしました。

30歳代男性のケース

大型の運転手さんです。 夏から非常に忙しく、社会貢献活動も地元で

しているので、なかなか身体を休める事が出来ていませんでした。

体重も、100KGオーバーのようです。 左足を付けない位の腰の痛みです。

さすがに、肉厚で触診にも苦労します。 また、変な硬さがありましたので

色々話を聞いた所、ストレスも大いにあるようです。 仕事、社会貢献の方でも

様々なストレスも身体を固くしますので、注意が必要ですね。

この2例は、まだまだ、満足する改善には至っていません。

年末になると、急性の痛みでの来院者が急増します。

お早目の、ケアをお薦めします。