高校3年野球部員 一か月も前から足裏が痛くて

運動が出来ない状態が続いている。

病院にて、レントゲン、接骨院でリハビリを行うも

大きな変化が無く、来院することになりました。

 足首の可動範囲が左右差があり、痛みのある

左側の曲がりが悪い。 また、足指を反らすと痛みが

出る状態でした。 

 圧痛を確認して、カカト側の反射点での確認やその他

のポイントでの治療を行うが、少し減少する程度であった。

このような状態でも、接骨院の先生は『痛みは少しくらい

我慢しても運動しなさい』との指示であったので、私は

驚き、『無理はしないで』とのアドバイスを送った。

今まで、1か月も変化が無く、痛みを抱えた状態で運動を

指示することが信じられなかった。 選手としては、運動を

無理に再開すれば、痛みが取れると半分信じている。

恐ろしく感じた。 親御さんも不信感を抱いているので

痛みをかばう事での、弊害を説明し、何とか納得して頂く。

その後の精密検査の結果 『骨折』と診断。

レントゲンでは判明出来ない位のレベルのようです。

信じて、運動再開していたらと思うと『ぞっと』した。

夜の11:30まで掛った治療でも少しは変化があったと

感じます。 また、この状態を引き起こした原因は、ももの

肉離れ、カカト痛 と現在の症状の前に色々なことがあった。

当院では、ふくらはぎの張りを取り除いた。 左右差がはっきり

解かるレベルまで変化させたので、これだけでも満足してくれた。

最終的な骨折の痛みは、あまり減少はしていませんが、関連筋肉

に余裕が生まれているので楽になってくると思います。

==今回は==

痛いのに無理に運動を再開しない。 固定テーピングでの激しい

運動は、逆に怪我の元だと感じました。 

明日、最後の大会ですか? まだ無理する時ではありません。

この言葉を、選手に何回訴えたのかな。

早く回復するように今後のリハビリをがんばってください。