高校2年生 野球部員。

既に2週間前から、数か所の痛みを抱えていたが

自分で改善出来ず来院した。

今までも数回来院したことがあるが、自己療法や運動後の

ケアの考え方を指導し長持ちするようになっていました。

今回は、

①右足の脛骨下部(足首の直ぐ上)を軽く触るだけで痛みに。

②走った時に、蹴りあげる動作の時に、第二中足趾節関節付近に

痛みが走る為に、足指を、屈曲すると痛みになる。

③背中 肩甲骨周辺~腰に掛けての痛み(体操でも取れず)

主に、3つの個所を訴えて来ました。

①の痛みは

患部を触ると痛みに。 関連個所を探すも直ぐには判明出来ず。

施術で関連筋を弛めると、全く触っていない①の痛みが無くなった。

本人に触っての確認をして貰いOKに。 不思議だ。 シップを貼っても

治らない、、、。と、つぶやくT君に、原因は、○○だね。 と説明。

患者さんも、施術者も、痛みを訴える個所ばかりに気を取られて

なかなか改善しないケースのように感じました。 少し考え方を変えて

攻めた結果、良い結果が出ました。

②の痛みは?

動きが、間違って覚えていた為、正しい動作に修正したらOKでした。

今までの手法も凄く役に立ちます。  意外とこの動作での痛みは

改善出来ますので、スポーツ選手諸君、是非お問い合わせを!

③の痛みは?

全身治療で改善です。 身体に余裕がありません。

少々ストレスも、、。 前日の睡眠時間も少ない、、。遊びたいのも解るが、、。

講習会後の施術効果 なかなか良い感じでした。