中学3年生 野球部

2年生の春から『オスグット』で苦しむも、接骨院に通い

一時しのぎの治療で今日まで至る。 しかし、既に正座は

出来ず、屈伸動作も不可能な位まで症状は悪化してました。

動作確認で、屈伸動作は、ほんの少しヒザを曲げたのみ。

身体は、くの字(頭が下がる)になって曲げているつもりのようです。

ここまでの症状の患者さんは、久し振りです。

それにしても、日頃のメンテナンスは? 痛くてもプレーしていたそうです。

う~ん。 困った選手です。 アスリートとしての意識が足りない、、、。

今までベストな状態でプレーしたことがあるのか? 評価は高いので

良いコンディショニングでプレーしたら、一流選手になれそうです。

さて、初回では、30%位の改善です。 私も納得していません。

問題は、正座の動作に入る時に、『骨の中が痛い、、』 ? ちょっと、、、。

自己メンテナンス方法も伝授して、来週2回目の来院を。

育ち盛りの選手達の無理な運動で症状の悪化が多いです。

自分の身体の限界を早く理解してください。

痛みのある時は、休む勇気も必要です。

早期に治療して、ベストな状態でプレーをしましょう!

今回は、結合組織 全身 痛みで反応です。