中学3年生 硬式野球クラブ所属の3年生が

肘の痛みで来院しました。

ポジションは、内野手ですが 1~2カ月前より痛みが出ていたそうです。

大会・交流戦・GWの遠征と、試合が重なりなかなかメンテナンスが

出来ていなかったようです。

指導者の指摘を受けて来院しました。

症状は

投げる動作で痛みになる。 ボールを放す前後に

痛みが強く走る。

施術

全身調整  身体が硬いです。

レベルの高い高校で野球をしたい意志がありますが

日頃のメンテナンスが出来ていないようです。

特に、背中のハリ、痛みが強く出ます。

勿論、肘周辺にも圧痛は出ますが、それ以外の身体の

余裕が無いようです。 全身施術後、再確認すると3割残ります。

再度、施術。

関連筋を弛めて、可動範囲を拡大させ、動作確認をしました。

これで投球動作の痛みは無くなりました。

しかし、実際のプレーでは確認できませんので、練習の入り方に

注意をして頂くように指導をしました。

 指導者や父母が、選手のプレーを観て異常に気付く事が必要です。

また、柔軟性のチェックや、痛みが無いか? 毎回確認して欲しいです。