高校2年生の野球部員。 秋から腰痛で動きが悪い。

今回、冬休みで帰省したタイミングで施術に訪れる。

 腰痛はどの動作で発生しますか?

最近は、朝起きた時、今は、前屈、後屈、左右への回旋と

あらゆる方向で痛みになる。

 検査を行います。

では、立った状態で、このようにしたら(ある箇所を刺激)痛みは?

患者): 軽くなります。 

では、座った状態で、再度動くと痛みは?

痛いです。

では、このようにしたら?(ある箇所を刺激)

患者): 軽くなります。

先生):この腰痛の考えられる原因は、この箇所(筋肉図で説明)が

  主に痛んでいるからだと思います。 その証拠に、こちらを刺激する

 と、痛みは軽減しますね。 ですから、この腰の痛みを取り除くためには

しっかり、この原因の個所も改善しないと早く良い状態にはなりません。

 こんな、やりとりで患者さんに説明をして行きます。 勿論、レントゲンは

撮れませんので、腰椎分離症のような症状はその場では分かりませんが

痛みの軽減の変化を体験することは可能です。

 今回の、患者さんも、身体全体を弛めて、ポイントを重点的に施術して

術後に大きく可動範囲を改善することが出来ました。

?

 その後のフォローは?

合宿所生活なので、なかなか施術には来れないので、自己療法を伝授。

基準の身体の状態を認識してもらい、変化があったら直ぐに元に戻す努力

をするように指導をしました。

 再発しなくなって、初めて治ったと言えるのではないでしょうか?

今までの、悪い動作は必ず身体に染み付いていますので、最終的に

この悪い動作が改善されれば早期に回復することでしょう。

〇 スポーツ選手にもフォロー出来ますので安心してお越しください。