機能回復の為に、週に1度来院頂いている40歳代男性。

1年前の病からの復活の為に、リハビリと併用して来院中。

主に、左腕の動きに制限があり 亜脱臼しやすくなったり

痛みになる為に、緊張や身体のハリを取り除く事を主にしてます。

毎回、治療の最後に可動範囲の確認作業を行います。

①腕を横から、挙げる動作

②腕を前から、挙げる動作で、何処まで大丈夫か?

また、挙げる時に何処が引っかかるか? 痛みは?と聞いて行きます。

さらに、その時の状態確認を行い、不具合を改善していきます。

『どう?どう?』 と聞き込んで、『こうしたらどう?』  こんな会話で暫く

調整の繰り返しとなります。 今回は、私も治療時にしている装具を

お試しで、装着してみました。 すると、驚くことに 手がスムーズに

挙がるのです! また、一つ発見し、二人で喜んだ次第です。

リハビリでの限界もありようですが、このように改善点を発見すると

喜びに変わりますね。 さて、次はどうなるのか? 

毎度、人の身体は不思議です。 お互いに諦めない気持ちも大切ですね。