袋井市在住の小学5年 バスケ選手Uくんが

『オスグット』の症状にて来院しました。25年10月より

痛み出して整形外科にて診察し運動の中止、安静を

言われたが、チーム事情もあり痛みを堪えながらのプレー

を続けていたそうです。 H/Pをご覧になり来院してくれました。

屈伸動作にて痛みが出る角度が

2013_1224_135558-P1030405

この角度で左側ヒザ下に痛みが走ります。

長期連休もあり、1月6日に3回目の施術を行いました。

2014_0106_104113-P1030457

しっかり屈伸しても大丈夫になりました。

しかし、まだまだ、バランスが悪いので再発の危険性があります。

自己療法を指導して暫く様子を見る事にしました。

1月より、チームでも最上級生になりますので責任、運動の負荷も増します

ので注意が必要です。

お大事にしてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

袋井市の整体院

ボディケア浅羽療術院&オスグット遠州研究所

成長痛のオスグット症でお悩みのお子さんをお持ちの方

今までと違う手法で早期に症状の改善をしませんか?

安静の強要、シップ、痛み止めは処方しませんのでご安心ください。

一度お試しください。