中学一年女子バスケ選手が、オスグット病のひざの痛みに
5月より4ヶ月間悩まされて友人の紹介で来院する。

整形外科での診断は両足『オスグット病』と診断されて
運動制限をしてきたが変化が無い。患部に超音波?を
当てる治療を続けたが、最初右が痛かったが、左も痛み
出してしまった。

両膝と言う事で、身体の歪みを確認すると、大きく背骨が
右側に歪んでいた。また、左腰背部にハリがあり、首の
左側にも強いハリが感じられた。 今まで、痛みを我慢して
運動をしていた為に、大きく身体全体が歪んでしまったこと
を指摘する。

施術は、通常の身体全体のバランスを整える 基幹の型
を行い。 オスグットの手法を行い 痛みを確認する。
最初の確認では、ひざを曲げ始めて直に痛みになったが
しっかりお尻が落しても、痛みが無くなった。 しかし、
正座する時に痛みになるので、深部の痛みを一つ一つ
確認しながら取り除くと、正座でも痛みは無くなった。

注意点と親御さんに伝え、再発防止の自己療法を指導して
本日は終了。

お母さんは、1回で正座出来た姿を見たので、『びっくり!』
本人に、『本当に? 痛くないの?』と確認してました。

楽になったからと言って、無理な運動は注意するように伝え
ました。  お大事にしてください。

?