20代保育士さんのストレス除去。

先週、保護者さんからの強烈な苦情+にらみ!に驚愕する。

本人の表現では、、、 『ガーン!』って感じだったそうです。

そうなると、トラウマ、ストレス、保育への熱意も下がります。

最近の園児の状況、生活を聞いていても、なかなか驚くことをするようです。

時代の流れか? 発育スピード、生活環境も変化していて知識や言葉も

なかなか強烈なようです。

私も、二人の子供を保育園に入れて仕事をしていましたので感謝しか

ありませんが、今の保護者さんはどのように感じているのか?

また、集団生活の中で様々な人間関係が生まれて揉まれて成長するので

過保護になっても、、、。 さて、、、

 

心配なことは、多くの若い保育士さんが保育への熱意が奪われて離職することです。

最終的には、働く人材不足に繋がることも。 環境整備=少人数で保育を実現することで

改善出来ることだと。 ビジネスに走っているように感じます。

がんばれ! 保育士!