高校野球夏の選手権、中学体育連盟の大会開催が迫ってきてます。

今週は、高校野球、バレーボール選手の来院が多いです。

今週末、7月7日より地区大会が本格的に始まる地元の中学生達の調整。

高校野球3年生最後の大会、7日に開会式の流れです。

大会前に練習量を減らしていた時代と違い、普通に練習するチームも

多くなってますが、日々の疲労の蓄積を取り除くことが出来ていません。

非常に残念な事ですが、身体を調整している側から言わせて頂ければ

『それで最高のパフォーマンスが出せるの?』って、何時も伝えてます。

調整後に、可動範囲が広がり、『楽になりました!柔らかくなりました!』って

感覚が蘇る事も必要ですよね。

怪我に繋がる疲労の蓄積は禁物です。 今年の秋から地元の中学では部活動の

時間管理が厳しくなるようです。 1つは、指導者負担の軽減が最重要な課題

だったことですが、逆に部員側の事はあまり考えていなかったようです。

 

身体を休める日を週に2日は必要と考えます。

※逆に小学生の運動量が増えてこの世代の怪我が増加しているように感じます。

特にサッカー少年に多い傾向です。

お休みは? 、、、、 ない、、、。  毎日?

主なクラブ以外にも練習に参加しています。

当院では、セルフケア方法も指導していますのでご家庭でケアをして

疲労を蓄積しないようにして、良いプレーが出来るようにしましょう!

 

袋井市の整体院

ボディケア浅羽療術院

予約優先:0538-23-9851