中学生が体育の時間にマット運動をした時に、腰、背中を強打したがその時は何も無く、帰宅して遊んでいる途中に左首筋に痛みを感じました。 翌日、起きる顔が左に向けれず痛みが発します。 動くのも苦痛を感じ、学校はお休みすることになりました。 当日、研修の為、当院には、21:30頃来て施術を行いました。

 身体は、痛みを逃していた為に、くの字に。左肩は下がり、頭は傾けている状態でした。しかし本人はこの身体の歪みに気がつきません。デジカメで現状を確認してもらい施術に入ります。

 身体全体が、緊張状態です。力が抜けない状態ですので、基幹の型で全体をほぐし、首の施術に入りましたが、左側の首筋のハリが非常に強い状態でした。 痛みを伴わないようにゆっくり緩めて最後は、左右の振りを同じ範囲まで改善させることが出来ましたが、まだ、右と比較すると、引っかかる感じが有るようです。 無理な動きを制限してもらい、後日施術することにしました。

 今回の原因は?
背中と、肩の緊張もあったので、マット運動で打撲した時の影響と考えるのが普通でしょう。
しかし、本人は首を捻ったり、’ぐきっ’と痛めた覚えが無かったそうです。
他、枕の問題もありそうです。 ここは、改善策をしっかり指導しておきました。

 野球選手ですので、万全な状態でプレーしてもらいたいです。 がんばれ!