小学6年の野球少年が、肩痛で来院する

1ヶ月前に、遠投で痛めた。それ以降、投げるのが
怖くて、遠投はしていない。

院内で、ボールを投げて確認する。
当院では、実際に室内で投げれるように工夫しています。

可動域の確認をして、身体全体の歪みを取り除き肩の
治療に入る。 方向を確認して1つ1つ可動域を付けていく。

再度検査。 投げる動作で確認。 OK!
土曜日に試合があるので、実際に遠投で確認することに
しました。 無理は禁物ですので慎重に。 また、自己療法
の体操も指導しました。

?

?

?