中学1年生女子バレー選手が、左ひざ下の痛みで曲げられず来院しました。
症状的には、オスグット病でしたので、通常の施術とオスグットの施術を行い初回で又割りの状態までしゃがむことが出来ました。 今回は、身体全体もじっくり観察しましたが全体に歪みもありバランスが悪い状態です。中学生になり、運動量も増加し、身長も急に伸び始めたのも原因の一つですが、自己で身体の疲れを取り除くことも行って欲しいですね。 ただ、あまり強く揉むような行為は謹んでください。

2回目の施術は一日空けて来院しました。 状況は、一気に改善方向に進み、ひざの痛みもあと少しのところまで来ましたが、まだ正座は出来ない状況でした。 今回は、下肢を集中的に施術し正座が楽々出来る所まで改善することが出来ました。
同級生の中には、無理してプレーして身体を壊して長期に運動が出来ない選手もいるようです。
この時期は、運動をしながら、施術で痛みを取り除く事をする中、高校生が多くいますので、早期に痛みを取り除くことを優先に考えて施術をしています。

本人や親御さんの改善しての喜びの声が非常にうれしいですね。