中学1年生 硬式野球内野手。

両足のオスグットでの来院です。

症状は

しゃがんで、立つ時に痛みになるケース。

正座は可能。

オスグットの痛みの感覚は人それぞれです。

多くは、しゃがめないケースが多いのですが

今回のケースは、少し違います。

勿論、全身の緊張も取り除くことが第一です。

どうしても、患部(痛みの個所)だけでの治療では

回復に時間が掛りますので、対応する人からは

長期間に渡り、運動の中止を指示されることが多いです。

その他、バランスも見ることも大切です。

全ての、オスグットの患者さんに言えることは

『痛い状態では、無理しない』ことです。

身体は自然とバランスと整える為に、反対側に

負担が掛ります。 早い段階で動きの異常に

気が付き、早期に対応すれば回復も早まります。

ケガをしない選手が良い選手です。 また、ケガを

早期に回復させる選手も良い選手です。

無理をすることで、好きなスポーツが出来ないことが

一番辛いので、痛みを知らせる環境、見て運動を

中止させる環境になることを望みます。

少年スポーツ障害もお任せください。