中学2年の男子剣道部員の左足付け根の

痛みの経過報告です。 翌朝は、絶好調になり

部活を、、。(無理しないでとの忠告をしたのに、、)

本日の来院では、普通に歩けるようになりました。

本人もとっても喜んでましたが、まだ屈伸の動作

にて『ズキン』と痛みが走ります。

 前回と比べての身体の歪みや、ハリは大幅に改善。

痛みが出にくくなっているが、まだ動作で痛みが出る。

本日も半減したが、立って動作確認すると屈伸での

痛みが残る。 ? 屈伸動作なので、下半身を重点的

に疑い施術を進めるも改善しない。 で、 どうも屈伸

動作で身体を歪めるのが気になり、立った状態で背中

から腰のハリを確認すると左右差が激しく、圧痛もある。

『何か、左から転びませんか?』 との問いかけに

『練習では、色々転んでいるので分かりません』との回答。

こんな会話をしていると、お母さんが、もしかして、、、。

『昨年12月に(1か月半前)に衝突事故を貰いまして

むち打ちに二人でなりました』との報告で、謎が解けました。

このハリは、たぶんその時に起こしたハリですね。

思い起こせば、最初に来院した時に、異常に身体が歪んで

いた。 これも事故の影響かな? で、今回の最終治療は

背中から、腰のハリを、立った状態で取り除くことです。

昔の療法が役立ちます。 原因は、事故だから、負担の

掛かり方を考えて施術すると、背中から腰のハリは無くなり

最後に、屈伸で確認すると、足の付け根の痛みも無くなった!

凄い!人の身体って! 驚かせることが多いですが、色々な

発想を持っていないと解決出来ない痛みでした。

 まずは、ひと安心ですね。 でも、お母さんも、既に一か月半

毎日整形外科通いです。 この問題も解決してあげたいですね。