女子バレーボール選手が練習中に、急に来たボールが顔に当たり避ける動作を
行う時に、首筋を痛めてしまった。 うなずく行為、顔を左へ向けると激しく首筋から
肩に掛けて痛みが走る。 全国大会予選が、2日後に有るために練習を中止して来院。

最初は、患部より少し離れた箇所から施術に入る。 本人は、直にでも首を触ってもらいたい
ようだが、焦らず、本人にも効果を上げる為に周りから施術することを説明すると納得してくれた。幹部のみでは、効果の持続が難しいと判断したことも伝える。 治療が終わって痛みが無くなれば、直にでも練習に参加しそうな感じがしたので、事故の詳しい状況やバランスの話、再発防止の説明も入れながら施術をしていった。 
 特に最初は、顔を左へ30度位振ると痛みが、右首筋から肩に掛けて発生する。徐々に周りを弛め、特にハリの強い首筋から肩を念入りに行う。 技を掛けて、痛みの箇所、残量、首を左へ振ったときの角度を確認していくこと、30分で完全に痛みは消失した。うなずく行為も確認をとり、座っても確認にて貰い、痛みがないので終了した。 明日の練習には参加は可能です。今直にプレーしたそうな、感じでした。 良かったですね。 全国目指してがんばれー!

 スポーツ選手を応援してます! ちょっと、気になる痛みにも対応しています。